太陽の光を浴びて健康的に日焼け止めをする方法はこれだ!

なんとなく、太陽の光を浴びることは良いことだと思っていませんか?
でも、日焼けは体に良くないことだと思いませんか?

太陽の光には紫外線が含まれていますよね。

あれ?

じゃあ、紫外線以外の太陽の光を浴びれば良いんでしょ?

違う違う!

紫外線を浴びなければいけないんです!

紫外線が体に必要な光なんですよ。

でも、日焼けしたくないんでしょ?

オッケーオッケー任せてください。

紫外線は健康でいるために必要なもの!

紫外線を浴びると、お肌でビタミンDが作られることはご存知ですか?
このビタミンDは、あなたの体にとっても大切な成分です。

なぜ大切かというと、カルシウムを体内に取り込むときに使われるからです。
ビタミンDは体へのカルシウムの吸収を2-5倍増やしてくれます。
このように、ビタミンDのおかげで
普通の食事でもカルシウムが十分な量取り込まれるわけです。

逆にいうと、ビタミンDがないとカルシウムを取り込むことができず、
あなたの体はカルシウム不足になってしまいます。

カルシウムが不足するとどうなると思いますか?
怒りやすくなる?
いえいえ、もっと危険なことになっちゃうんです。

体内でカルシウムが不足すると痙攣(けいれん)などが起こってしまうんです。
とても大切なものだって理解していただけましたか?

それほど大切な成分ですから、
あなたの体はカルシウム不足になると、
なんとかしてカルシウムを作り出すことでごまかしてくれます。

どうやってするか?
あなたの骨を溶かしてカルシウムを作ります。

そう、カルシウムが不足すると骨がスカスカになるのは、
こういう理由からだったんです。

さて、お話を戻しますが、
カルシウム不足にならないためにはビタミンDが必要です。
このビタミンDは2種類の方法で準備されます。

1つは、食べ物から吸収する方法

もう一つは、紫外線から肌の内側で作る方法

です。

食べ物から吸収する方法では、
普通の食事の場合、必要なビタミンDの半分もとることができません。
つまり、必要なビタミンDの半分以上は紫外線によって作られているということなんです。

どうですか?
紫外線がとても大切なものだってこと、理解していただけましたか?

どのくらいの紫外線を浴びればビタミンDが作られるの?

紫外線の量は季節・時間帯・地域によって異なるので一概には言えませんが、
ざっくりとした目安としては、

夏に、日焼け止めを塗らずに
両腕(肩から先)と顔を日光にさらした場合、3分

冬に、日焼け止めを塗らずに
手(手首から先)と顔を日光にさらした場合は50分

もあれば必要なビタミンDが作られるとされています。
つまり、夏場はちょっと外に出るくらいで、
十分な量の紫外線を浴びることができると言えます。

紫外線を浴びれば日焼けは起こってしまいます。
ですから、夏場は5分以上日差しを浴びないように気をつけてください。

無理だよ?
ええ、無理ですよね。

日焼けは体に悪いんでしょ?
ええ、悪いんです。

どうすればいいの?
もう少しお付き合いください。

日焼け止めは塗りすぎたら危険

日焼け止めを購入するときに、SPFという単語を目にしたことがあるかと思います。
これはその日焼け止めがどのくらい紫外線を防いでくれるか数値で表したものです。
数値が高いほど紫外線を防ぐ力が強いものになります。

今、よく売られている日焼け止めはSPF50のものが多いですが、
実はSPF30を塗っただけで、
ビタミンDの作られる量が5%以下に落ちてしまうんです。

海に泳ぎに行くなど、
長時間日差しを浴びる場合は良いですが、
ちょっとした買い物程度で、
強い日焼け止めを塗ってしまうと必要な紫外線量を浴びることができなくなってしまいます。

ではどうすれば良いのか?

最近、評判の飲む日焼け止めがオススメです。
飲む日焼け止めは色々な製品がありますが、
本当に日焼け抑制効果があるのはニュートロックスサンを含んだ製品です。

また、効果が得られるニュートロックスサンの量は1日に250mgですから、
それに足りる量を含んでいる製品であることが大切です。

私が調べた限り、ニュートロックスサンを含む飲む日焼け止めで
最もコスパが高い製品は
インナーパラソルでした。

私の妻もインナーパラソルを飲んでいます。
気になる方は他の記事も読んでみてください。
現役の研究者が自信を持ってオススメできる製品ですよ。

当サイトのイチオシはインナーパラソル16200です
インナーパラソル16200
インナーパラソル16200の公式ページを見てみる
配合量をゴマかした製品もありますから、ご注意ください!
インナーパラソル16200は、 同じニュートロックスサンを配合している製品の中でも、 信頼のできる本物です。
スポンサーリンク
このサイトについて
ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。
検索
このサイトについて
ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。
検索

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする